HOME » 導入前に知っておこうPOSレジQ&A » メリットは?

メリットは?

このページでは、業務効率化や売上・商品管理ができるなどPOSレジ導入で得られるメリットについて解説します。

小規模店舗こそ導入効果に注目したい、POSレジのメリットとは

近年、様々な業種業態の店舗でPOSレジの導入が進んでいるのは、単なるお客様向けの会計ツールではなく、店舗の運営や経営全般に大きく役立つ機能があるからです。もちろん、チェーン展開をする大規模な店舗であれば、グループ全体でPOSレジデータを連携させるのも当たり前といえますが、小規模店舗であってもPOSレジを導入することで様々なメリットを得ることができるのです。

ここでは、その中でも特に注目すべきメリットを3つ紹介しておきます。

入力ミスの防止になる

自分が店舗で会計をする際に、バーコードをスキャンしたり、端末上のソフトでその商品を選ぶことで、自動的に商品データや金額が会計に反映されるのはごく普通の光景でしょう。

一方で、店舗によってはまだ商品1点ごとに金額を手入力して会計するケースもあります。この2つを比べれば業務効率は一目瞭然。会計時の接客時間が短縮されるだけでなく、金額はシステムに設定された値がそのまま反映されるので、人間が手入力するのに比べれば、入力ミスのリスクが圧倒的に小さくなるわけです。スピーディーかつ正確に会計することは、顧客サービスの向上になることも見逃せません。

また、セールやキャンペーンなど一時的に割引するような場合、システム側で金額変更しておけば、どのスタッフがレジ対応をしても入力ミスすることはそうそうないでしょう。タイムセールなどフレキシブルな販促施策をするには、こうしたシステム化は不可欠といえます。

経理やマーケティング業務に活かせる

業務効率化という意味では、接客時だけでなく、閉店後のレジ締めはほぼシステム化されるので、現在手動で毎日レジ締めしているような店舗なら、大幅に時間短縮や人件費の節約が期待できるでしょう。

会計データをシステム的に管理するということは、経理やマーケティングの面でも大いに役立ちます。物販ビジネスであればリアルタイムで在庫管理できますし、販売状況もリアルタイムでわかれば、生鮮食料品を売り切るための値引き戦略にも活用できるでしょう。

店舗事業拡大に役立つ

店舗オーナーが1店舗目をある程度成功させて、多店舗展開していくプロセスにおいて、複数拠点の売上データを一括管理できるPOSレジは大きな武器になるでしょう。

また、システムによってはスタッフの勤怠管理顧客データ管理などもできるサービスがあり、多岐にわたって経営者がチェックしなくてはならない情報を一元集中管理することもできるわけです。

入力ミス防止や店舗事業拡大に役立つオススメのPOSはコチラ

必要な機能をひと目で比較!業種別POSレジ一覧
  • 飲食店向け
  • 美容室・理容室向け
  • 小売店向け
PAGE TOP