HOME » 導入前に知っておこうPOSレジQ&A » 必要な機器は?

必要な機器は?

このページでは、新規導入時にPOSレジと合わせて必要となる関連機器(キャッシュドロアやレシートプリンターなど)について紹介します。

レシートプリンター

POSレジの周辺機器の中でももっとも重要性の高いアイテムはレシートプリンターでしょう。会計をしたらレシートを出力してお客様に渡すわけですから、レジだけでは会計業務は成り立ちません。そういう意味では、POSレジとレシートプリンターの組み合わせが最小構成になるといってもいいでしょう。

LAN接続タイプやBluetooth接続タイプもある

レシートプリンターはプリンターメーカーから、レシート出力専用器としていろいろリリースされていて、LAN接続する機種やBluetooth接続する機種などが選べます。

通信方式でいえば、LANケーブルの取り回しがしにくいテナントや屋台などは、無線方式のBluetooth接続がいいでしょう。

逆に、面積の大きい店舗なら接続が安定するLAN接続が無難です。商品による差はありますが、LANタイプは7~8万円前後、Bluetoothタイプは5~6万円前後で購入できるでしょう。

店舗環境に適した機種を見つけよう

中にはキャッシュドロアにレシートプリンターを内蔵して筐体をコンパクト化、タブレットを置きやすいデザインにしている機種もあるので、店舗環境や設置スペースに適した機種を見つけてください。プリンターは基本的に消耗度が激しいので、パーツなどメンテナンス費用も考慮した方がいいと思います。

キャッシュドロア

キャッシュドロアは現金を保管する金庫であり、釣り銭をスピーディーかつ正確にピックアップするのに適した専用ツールといった側面もあります。

おすすめはDKD対応機種

そして、POS周辺機器として見た場合、レジと連動して自動的に開く点がポイントです。これはDKD対応機種同士であればケーブルをつなぐことで連携できますので、機器選定時はDKD対応かが要チェックです。

サイズの選択に気を付けよう

また、店舗規模によって収納サイズも違ってきますし、サイズは設置場所にも関係します。できるだけお客様からは見えにくく、スタッフは作業しやすい体勢をとれるかなど、きちんとスペースを決めてから機種設定してください。

キャッシュドロアはDKD対応機種が1万円台でも複数あるので、できるだけ初期に導入しましょう。どうしてもドロアの導入が難しい場合、手提げ金庫などで代用することになります。

その他用途に応じて検討したい周辺機器

必須とはいいませんが、業種業態によってはぜひとも導入しておきたいPOS周辺機器をいくつかピックアップしておきます。

バーコードリーダー

小売店や飲食店でもメニューをバーコード化しているなら、スピーディーかつ正確にレジ計算するツールとして、ぜひともバーコードリーダーを検討しましょう。2万円強でBluetooth接続タイプの機種も出ています。

値札印刷プリンター

アパレルなども含む物販全般で便利に使えるのがコレでしょう。タグシールを簡単に印刷できて、2万円前後で販売されている機種があります。POSレジなら商品データも一元管理できるので、会計以外にも便利な用途が増えるというわけです。

それぞれの機器に対応したオススメのPOSはコチラ

必要な機能をひと目で比較!業種別POSレジ一覧
  • 飲食店向け
  • 美容室・理容室向け
  • 小売店向け
PAGE TOP