HOME » 導入前に知っておこうPOSレジQ&A » どんな種類があるの?

どんな種類があるの?

このページでは、近年人気のタブレット型からターミナル型やパソコン型といったPOSシステムの種類について紹介します。

タブレットPOS

レストランなどに行くと、客席に注文用のタブレットが置いてあったり、店舗のレジカウンターにタブレットが設置してあるなど、タブレットPOSを見かける機会も増えています。実際、近年は店舗のPOS端末としてタブレットやスマートフォンを利用したサービスが浸透していて、今や小規模店舗ではこのタイプこそが主流といってもいいほど。

スマホやタブレットを使用しコストダウン

この種類はスマートデバイス型と呼ばれることもあり、店舗の端末としてはタブレットやスマートフォンが採用されています。一般的にはiPad利用が目につきますが、Android対応のサービスもあります。

市販されている人気商品を使うこともあって、専用機に比べて機器類にかかるコストが安価となり、実際に使うスタッフにとって操作がわかりやすいのもメリット。

周辺機器との組み合わせもOK

キャッシュドロアレシートプリンターバーコードリーダーといった周辺機器との組み合わせも可能で、システム自体はクラウド環境で動作するのが特徴です。

店舗での注文や会計などは主にタブレットを使って、経営業務ではパソコンから集計データを閲覧することもできるなど、店舗ビジネスを幅広くカバーできる機能がラインナップされているサービスも多々あります。

個人経営や小規模店舗には導入ハードルが低く、飲食店では来店客が自分で注文できるオーダーエントリーシステムを利用できる点などもこの種類ならではといえるでしょう。

ターミナルPOS

コンビニやスーパーをはじめ飲食店などでも規模の大きなチェーン店グループではまだまだターミナルPOSが主流。レジ専用のハードウェアで、ソフトウェアも利用企業の業種業態に合わせてカスタマイズするのが一般的です。

レジ本体は、カウンター一体型の大きな筐体から、ハンディターミナルと呼ばれる小型のものまで、バリエーションは豊富にあります。端末の価格もピンキリですが、1台50万円以上はするので、それなりに多店舗展開をしていてさらに業務拡張しようという段階で検討するのがいいでしょう。

なお、機器類はレジ本体も含めて何年かおきに買い替えることになります。これはサービスを変更するケースよりも、機器の老朽化によるものが多く、ランニングコストとしてはこうした費用も経営計画に含めておく必要があります。

パソコンPOS

WindowsPCが代表的存在ですが、法人用PCを核として周辺機器やソフトウェアを組み合わせて使うのがパソコンPOS。パソコンなので、レジとして使う時以外は一般的なオフィスワークで利用することができますし、本社と店舗とのやりとりなどを行うために、各種グループウェアなどを利用するのにも便利です。

パソコンとしての操作性は汎用OSなので問題ありませんが、レジソフト自体は基本的に独自なものなので、一定レベルスタッフの習熟は必要となります。

タブレット・ターミナル・パソコンそれぞれのオススメPOSはコチラ

必要な機能をひと目で比較!業種別POSレジ一覧
  • 飲食店向け
  • 美容室・理容室向け
  • 小売店向け
PAGE TOP