HOME » 導入前に知っておこうPOSレジQ&A

導入前に知っておこうPOSレジQ&A

このカテゴリーでは、普通のレジとPOSレジとの違いをはじめ、サービスの選定と導入に必要な基礎知識を紹介しています。

多様化するPOSレジと、近年のPOSシステム事情

そもそもPOSとはPoint Of Saleの頭文字をとった略称で、ストレートに和訳すると販売時点情報管理となり、大まかにいえばレジ会計したデータをシステム管理すると思ってください。

これがPOSでない単なるレジだと、計算機として会計内容を計算するだけですが、近年のPOSシステムは売上データに留まらず、在庫管理や顧客管理、さらにはスタッフの勤怠管理もできるなど、システムとして多機能化&多様化しています。

また、かつてはPOS端末というと専用機であり、高額で操作に慣れるのにも時間がかかったり、保守の手間やコストがかかるのも当たり前でした。それが、最近はiPadをはじめとする市販のタブレットをレジ端末として利用できるサービスもありますし、ソフトもクラウド環境で提供されるのでメンテナンスの手間がかからないサービスが主流となっています。

そして、データもクラウド環境のサーバを利用することで、低コストでリアルタイムの一元管理ができるというわけです。

こうした概況を理解するためにも、以下の詳細ページをご覧ください。

メリットは?

店舗にPOSを導入することによって、レジ会計がスピーディーになるだけでなく、様々な面で業務によい効果を与えてくれます。

もっとも顕著な点は、POSシステムなら商品情報を管理できるので、レジでバーコードを使うなどすれば、正確な金額や商品名が瞬時に会計に反映されるわけです。コスト面で見ても、導入費用と月額費用が安価になってきているので、小規模店舗でもハードルが低くなり、大規模チェーン店なら既存システムからの移管で経費削減にもなるでしょう。

このように、多くの店舗にとって導入モチベーションとなるポイントを知っておきましょう。

POSレジ導入のメリットについて詳しく見る

いくらぐらいかかるの?

POS専用機は確かにまだまだ高価な傾向がある一方、近年はiPadなど市販のスマートデバイスを端末とするPOSも増えていて、導入費用・月額費用とも格段に安価になっている実情などを紹介します。

また、POSシステムで使うアプリケーションも、Windowsソフトスマホアプリもあれば、サーバ側で動作するASPサービスもあり、月額費用1万円以下でも高機能なサービスが利用できるのです。

もちろん、コスト的に安価になってきたからといって、スペック面でチープになっているわけではなく、むしろ店舗向けPOSシステムは業種別に特化して機能を充実させているサービスも増えているので、総じてコストパフォーマンスは高くなっている傾向が見られます。

導入費用について詳しく見る

どんな種類があるの?

上でも触れたように、近年もっとも注目されているのはタブレットPOS。他にも市販のWindows機を使ったパソコンPOSや、専用機を使ったターミナルPOSと、3つの種類別に導入のポイントを解説しています。

業種や店舗の規模・空間づくりなどによって導入する機器や、欠かせない機能も異なるもの。ただし、クラウド型POSシステムなら、店舗で使う端末数にしろ、利用する機能にしろ、柔軟に選べるものが多いので、選択の幅はかなりあると思います。

POSレジの種類について詳しく見る

必要な機器は?

POSレジ端末以外にも、店舗の会計業務で利用するためには必要な周辺機器があります。レシートプリンターキャッシュドロアなど、選定時の要点などを紹介しましょう。

なお、POSベンダーによっては周辺機器の販売・リース、さらに導入時の設置及びその後の保守などに対応しているケースも見られます。

店舗によって整備できるネット環境も違うでしょうし、バーコードリーダー値札印刷プリンターなどちょっとしたツールの必要性も違うので、ベンダーの導入向けセットや取扱アイテムをきちんと調べる必要があります。

POSレジ導入に際して必要な機器について詳しく見る

補助金が出るって聞いたんだけど…

平成31年の消費税アップ時に施行される軽減税率制度。消費税8%と10%の複数税率対応レジを導入する際、中小企業だと補助金制度を利用できる可能性があります。

これは、店舗での取り扱い商品や運営企業の規模、導入するPOSのメーカー・機種など、様々な条件がマッチした上で、決められた期間に申請を行うというもの。

これは機器だけでなくシステムも適用対象に含まれていて、購入でもリースでもOK。1事業者あたりの上限は200万円となっていて、その具体的な対象条件は何か、詳細ページでご覧ください。

補助金について詳しく見る

今注目のクラウド型POSとは

従来型のPOSシステムでは、社内や店舗内にサーバを設置して、端末のデータを集約していました。それが、近年はデータをクラウド環境に蓄積して、場所に依存せずデータ参照できるPOSが増えています。

複数拠点を持つ店舗ならいうまでもなく、個人経営の店舗でもセキュリティ面で安心できますし、クラウド型サービスはPOSに限らず、スケールメリットによってコストパフォーマンスがよくなるといった傾向もあります。そのメリットなどを詳しく見てみましょう。

クラウド型POSについて詳しく見る

必要な機能をひと目で比較!業種別POSレジ一覧
  • 飲食店向け
  • 美容室・理容室向け
  • 小売店向け
PAGE TOP