HOME » こんなこともできる!POSレジの機能一覧 » 商品管理システム

商品管理システム

このページでは、詳細な商品情報やリアルタイムでの在庫把握ができる、POSシステムの商品・在庫管理機能について説明します。

商品情報をデータベース化して在庫管理POSに一元化

近年のPOSシステムは商品情報を登録する際に、商品名や価格、コードだけでなく、説明文や複数の画像、付与ポイントなど様々な設定項目を入力することができます。

飲食店などでメニューの入れ替え頻度が高い場合など、いちいち商品を登録したり変更・削除するのは手間がかかるだけでなく、人的ミスのリスクも高くなります。その点で、取扱商品全体を一元管理してデータベース化しておけば、現場では販売中かどうかの設定を切り替えるだけにしておくこともできるわけです。

商品データをきちんと管理することで、売上分析精度も高くなります。例えば、カテゴリー分類を細かくしたり、商品同士の関連付けをするなど整理しておけば、売上データをチェックする時に、その傾向などを読みやすくなるでしょう。

POSの在庫管理機能で商品の流れをワンストップ管理する

商流全体で商品管理の流れを追ってみると、基本的には以下の流れになるでしょう。

発注→仕入→入出庫→棚卸→在庫→販売

このサイクルをワンストップ管理することができればリアルタイムで商品全体の管理が可能となり、それを実現するために在庫管理機能が必要となるわけです。

もちろん、それぞれの工程では伝票と商品の付け合わせをして数値を入力する作業は発生しますが、データベースとしてひとつにまとまっていれば品切れによるチャンスロスを減らすこともできるでしょうし、返品なども含めてきちんとした管理ができます。

中でも、小売店複数拠点を持っていたり、実店舗とネットショップで在庫を一元化しているような場合、こうしたリアルタイムの在庫管理機能があれば、ミスやムダの抑制に役立ちます。

在庫管理機能を持つPOSシステムの中には商品バーコードも含めて管理できるサービスもあるので、自店舗の業態や商品点数によって、こうした細かな点まで機能を吟味してサービス選定してください。

必要な機能をひと目で比較!業種別POSレジ一覧
  • 飲食店向け
  • 美容室・理容室向け
  • 小売店向け
PAGE TOP