HOME » こんなこともできる!POSレジの機能一覧 » 本部システム

本部システム

このページでは、複数拠点と本部とでリアルタイムにデータ共有ができる、POSシステムの店舗管理機能について説明します。

商品の流れを迅速かつ効率化!POSによる本部~店舗間通信

ネットワーク環境で利用するPOSは、本部と複数店舗とをつなぐような企業であれば、よりそのメリットを享受できると思います。その主な機能を以下にピックアップしておきます。

リアルタイムに売上データを参照できる

本部がある組織なら、各店舗の各POSレジで売り上げる会計データをリアルタイムで把握できるのがポイント。かつては閉店時間後にレジを締めて本部に売上報告していたことを思えば、常に最新状況を簡単に見ることができるのは、業務効率化にも一役買っていますね。

日報など報告業務を省力化できる

本部で売上データをウォッチできるとはいえ、業務として各店舗からの報告も欠かせません。この点でも必要な項目や数値をPOSで管理するようにすれば、各種書式の報告書を作るのも簡単になり、本部での確認の手間も軽減できます。日報や月報などは店舗管理者によってそれなりに作業負荷となるので、こうした事務作業をシステム化するのは経営的にも意味があります。

グループ全体でムダのない在庫管理ができる

売上データだけでなく、在庫管理も含めて商品の流れを一元管理できるシステムもあるのです。グループ全体で商品管理を徹底すれば、品不足在庫過剰を減らせる可能性がありますし、本部で一括仕入した商品をどの店舗にどれだけ回すかを検討するのに、全体の在庫を把握することはとても重要です。

拠点が離れていると、仕入や入出庫などのやりとりで、どうしても本部と店舗双方の時間と手間がかかってしまうもの。それをシステム化すれば、自動化される部分も増えて、商品の流れもスピーディーになるでしょう。

勤怠管理など本部の店舗人員管理業務にも利用できる

店舗の売上や在庫の管理だけでなく、スタッフに関わる管理業務でもPOSで使える機能があります。代表的なのが勤怠管理機能で、例えば店舗のPOSで出退勤時にボタンを押す画面が表示されて、記録されたデータは本部の勤怠管理システムと連携するといったもの。タイムカードをいちいち集計する手間がなくなりますし、管理部門では勤務状況を簡単に把握できるのが便利です。

必要な機能をひと目で比較!業種別POSレジ一覧
  • 飲食店向け
  • 美容室・理容室向け
  • 小売店向け
PAGE TOP