HOME » こんなこともできる!POSレジの機能一覧 » データ分析システム

データ分析システム

このページでは、店舗の収益性や経営状態などがすぐに見える、POSシステムのデータ分析機能について説明します。

売上データの分析で見えてくるPOSシステムの有用性

POSシステムによって売上データを管理できれば、それは店舗の収益性を常に見直して改善することにも大いに役立ちます。POSシステムからわかるデータとしては、店舗での売上に関するものだけでも主に以下の4つは絶対にチェックしておきたい項目です。

売れている商品と売れていない商品はどれか

商品ラインナップの中でもどの商品がよく売れるのか、反対に売れない商品は何かを数字で把握することで、その店舗に対する顧客ニーズが見えてきます。同時に、売れる理由と売れない理由を精査するためにも、販売時期や時間帯など事細かにチェックできるのがPOSシステムの強みです。

在庫不足や在庫過剰になりやすい商品はどれか

当たり前のことですが、売れている商品がわかれば在庫切れでチャンスロスにならないように仕入を増やす、反対に売れていない商品ならムダな在庫を抱えないように仕入を減らすといった対応ができるでしょう。加えて、単純な販売数の問題だけでなく、在庫と販売数のバランスをよくすることが重要で、適正な仕入をするためにも日々のデータを把握しておきましょう。

最近売上が増えてきた商品はどれか

時期によって各商品の売上には変化が見られると思います。その中でも特に注視しておきたいのが直近で売上を伸ばしている商品です。売り時を逃さないためにも、売上が増えている商品があれば、ディスプレイなどで目立たせたり、キャンペーン施策に取り組むなどもいいでしょう。

セットで購入されやすい商品はどれか

一度の会計で同時に購入される機会の多い商品があれば、クロスセルとしてより組み合わせでの購入を促進させたいところ。小売店なら陳列場所を近くにしたり、セット商品を作ってもいいでしょう。

複合的なデータ分析でPOSシステムを幅広く活用する

POSデータは基本的にレジ単位の売上データですが、インターネット環境で利用できるPOSシステムなら、複数拠点のデータを一元管理することもできたり、顧客データベースと連携することができるサービスもあります。このように、自店舗に関連する複数のデータを統合して分析することで、新たな気づきが生まれたり、より精緻な経営状態を把握することにもつながるでしょう。

必要な機能をひと目で比較!業種別POSレジ一覧
  • 飲食店向け
  • 美容室・理容室向け
  • 小売店向け
PAGE TOP