HOME » こんなこともできる!POSレジの機能一覧 » 勤怠管理システム

勤怠管理システム

このページでは、オプション機能やシステム連携で利用する、POSシステムの勤怠管理機能について説明します。

店舗業務に利用できる、POS連携の勤怠管理機能

スタッフの勤怠管理とPOSシステムのデータとでは、一見直接的な関係性がないように思われますが、店舗向けPOSシステムの中には業務管理用の様々な機能をオプションで提供していたり、システム的に連携できる仕様になっているものがあるのです。例えば、飲食店向けの同種サービスでは、以下のような機能を利用することができます。

タイムレコーダー代わりになる

クラウド型サービスで、PCやタブレットで画面にアクセスして、出勤・退勤などの打刻を記録することができます。専用のタイムレコーダーとタイムカードが不要となるのでコスト削減になるでしょう。

勤怠状況をリアルタイムで確認できる

スタッフが打刻した勤怠状況はインターネット経由で参照できます。データはリアルタイムでデータベースに反映されるので、店舗オーナーは店に行かなくても勤怠状況を正確に把握できるわけです。

シフトの管理システムとしても使える

誰がどの店舗にいつ入るといった、店舗では必須となるシフト管理も可能。これによって店舗や時間帯による人員配置のバランスをきちんと整理できます。また、シフトで設定したスケジュールと勤務実績とを比較することもできます。

勤務時間や人件費の集計が簡単

勤務時間を集計することができるので、時給設定のスタッフについては人件費の集計も容易になります。時間帯による時給設定の違いや、ヘルプで入った場合にどの店舗の人件費になるかなど、細かな設定もできるので便利です。

また、主要な給与計算システムと連携することで、事務作業もかなり軽減できるでしょう。

給与明細の印刷・送付作業も省力化できる

給与計算システムとの連携では、給与明細の印刷や送付といった事務作業を省力化できるサービスがあります。店舗向け管理システムの中にはスタッフ個別のIDでログインできるシステムがあり、スタッフはパソコンやスマートフォンで給与明細を確認できるわけです。印刷して封筒渡しする場合でも、本部から送るより店舗単位で作業をした方がコスト削減になるでしょう。

勤怠管理システムも搭載しているオススメのPOSシステムはコチラ

必要な機能をひと目で比較!業種別POSレジ一覧
  • 飲食店向け
  • 美容室・理容室向け
  • 小売店向け
PAGE TOP