HOME » こんなこともできる!POSレジの機能一覧 » 会計システム

会計システム

このページでは、業務効率化に役立つ、POSシステムの会計機能について説明します。

正確かつスピーディーになる

スーパーやコンビニなどでよく見る、レジのバーコードスキャナ。これとPOSシステムを利用することで、販売価格を含めた商品データを瞬時に読み取ってレジ会計を正確かつスピーディーに行うことができます。これが商品を1点ずつスタッフが手入力していると当然時間がかかって、レジに行列ができてしまうでしょう。

また、バーコードスキャナを使わないシステムでも、例えばタブレット型POSシステムだと画面に商品リストが表示されて、それを選択することで自動的にレジ会計をすることができます。これもいちいち金額を手入力するのに比べて、圧倒的なレジ会計の効率化になります。

レジ会計をPOSシステムにすることで、スタッフの操作手数を減らして、正確な金額入力をすることができるのは大きなメリットです。

売上管理全般を簡略化できる

端末ごとのレジ会計業務を効率化できるだけでなく、POSの会計機能を使えば、店舗全体や本部も含めた複数拠点での売上管理など会計処理全体の簡略化が実現します。

インターネットで複数端末・拠点をつないだPOSシステムなら、レジ会計した結果はリアルタイムデータベースに反映されるので、日々の売上集計なども見たい画面を呼び出せば、集計された状態で閲覧することができるわけです。

POSがない店舗だと毎日閉店後に売上集計しているケースも多いでしょうが、オーナーや事務スタッフなどのこうした日常業務を大幅に軽減化できますし、さらに計算にミスが起きないのもメリットといえます。

なお、ミスの削減という意味では、POSレジに自動釣銭機を導入することで、お客様との現金受け渡しでの過不足もなくなるでしょう。

多種多少な決済方法も一括管理できる

店舗によっては現金でなくクレジットカードで支払う際に、CAT端末でカード決済手続きをして、その金額をレジに手入力するケースがあります。これも、POSとクレジットカード決済端末を接続すれば、会計時の手間を省くことができます。

また、最近はクレジットカードだけでなく、各種電子マネーなどの普及もあり、決済方法が多様化しています。これらに対応するには、マルチ決済端末という周辺機器をPOSシステムと接続することで、自動的なシステム連携が可能となります。

必要な機能をひと目で比較!業種別POSレジ一覧
  • 飲食店向け
  • 美容室・理容室向け
  • 小売店向け
PAGE TOP