HOME » 飲食店向けPOSレジ一覧

飲食店向けPOSレジ一覧

Check!
会計もメニュー更新も手早くできる飲食店用POSレジ
飲食店向けPOSレジの中でも、実装しておくと便利な機能をピックアップし、オススメの飲食店向けPOSを、機能の有無と月額運用費で比較してみました。飲食店POS選びでは、個別会計機能やトッピング機能など、お客様の要望に臨機応変に対応できるかどうかを重視しましょう。

飲食店向け

おすすめ
POSシステム
機能早見表

ポスキューブ

ポスキューブ公式 公式ページ

blayn

blayn公式 公式ページ

EC-Orange POS

EC-Orange POS公式 公式ページ
月額運用費 5,980 9,800 9,800
個別会計 〇 〇 〇
オーダー商品の確認 〇 〇 〇
トッピング機能 〇 × 〇
割引・割増機能 〇 〇 〇
予約管理 〇 × ×
キッチンプリンタ出力 〇 〇 〇
トレーニングモード 〇 × ×
支払い方法の変更
(現金やカードの併用)
〇 × ×
英語機能 〇 × 〇
  ポス・キューブの
詳しい情報を見る
blaynの
詳しい情報を見る
EC-Orange POSの
詳しい情報を見る

おすすめの
飲食店向け
POS3選

飲食店向けPOSを導入するメリット
飲食店向けPOSにした方が良い理由は、オーダーエントリーシステム(OES)にあります。OESとは、フロアスタッフが注文を入力すると、キッチンにその内容が送信されるシステムのことです。フロアスタッフは、いちいちキッチンからフロアへ往復する必要がないため、無駄を省くことができます。また、キッチンスタッフは、正確な情報を得ることができるので、ミスを削減することができます。

1

ポス・キューブ

飲食店用途に特化した実践的なPOSシステム

ポス・キューブ公式

飲食店専用POSとしては導入実績ナンバーワンを誇るというポス・キューブ。居酒屋やバー、カフェ、レストランなど、多くの飲食店で導入されています。

飲食店に特化したPOSだから、現場の人間を考えた設計になっていて、余計な機能もついていません。そのため誰でもすぐに操作ができると評判です。ショールームで実際に触って、体験することが可能なので興味のある方は足を運んでみるのも良いでしょう。

公式ページで詳しく見る

特徴

  • 実際の飲食店オーナーの協力を得てシステム開発されたPOSシステムで、飲食店用途に特化した機能と操作性のよさが大きな特徴です。
  • 導入時の基本セットにレジ1台、ハンディ端末3台、プリンター2台が含まれていて、端末はiPadやiPhone、Androidなど幅広く利用できます。また、他社だと、端末を追加するたびに課金されるのに対して、ポス・キューブは何台追加しても課金されないので、かなりお得と言えます。
  • 飲食店に特化したシステムなので、火入れタイミングをホールからキッチンに指示できるファイヤー機能があるなど、実践的機能が充実しています。

サポート内容

  • 導入時のサポートでは、各種機器類の設置や動作確認、導入にあたってのスタッフへのトレーニングなどに対応しています。
  • サポートプランは月額5,980円~と安価な設定です。
  • サポートプランはサポートセンターで問い合わせ対応してくれる他、リモート操作で店舗側の端末状況をチェックしてくれるのも安心。

口コミ

メニューの入れ替えが簡単にできて便利!
店のコンセプトとも合っていることから、iPadで利用できるPOSシステムとしてポス・キューブを選びました。毎日メニューの入れ替えがあり、専用POSより簡単に更新できます。

2

blayn

飲食店用途に特化した実践的なPOSシステム

blayn公式

GOOD DESING賞を受賞するなど、スタイリッシュなデザインで、POSとしての働きだけでなく、お店のインテリアにもなると評判のblaynのPOS。

タッチパネル式のレジは見やすさを追求し、タッチパネルの感度にもこだわった設計になっています。会計処理速度にもこだわり、コア数を増やすことで、混雑時の会計処理にかかる時間の軽減を実現しました。

公式ページで詳しく見る

特徴

  • POSレジ端末としてはタブレットをカスタマイズした独自製品であるBRIIを利用します。軽減税率対応機種で、補助金制度の相談もできます。
  • ホールで使うハンディ端末としてはiPhoneとiPod touchが利用可能。専用スマホアプリのbHandyで注文操作などを行います。
  • 売上管理や商品管理といった事務作業はパソコンで行います。注目機能はテーブル状況の閲覧で、効率的なオペレーションに活用できます。

サポート内容

  • 導入時のサポートとしては、必要機器の選定やコーディネイションを相談した上で、ネット環境の整備なども含めて相談に応じてくれます。
  • 導入後のサポートでは、月額運用費に売上データのバックアップと年中無休のサポート対応が含まれているので安心できます。

口コミ

使いやすくてスタッフにも好評
導入時に比較検討したのは、blaynと、顧客管理機能が優れたPOSレジ。スタッフにも聞いたのですが、機能や使い勝手のよさの点でblaynの方がいいと判断しました。

3

EC-Orange POS

ECサイト用システムから生まれたPOSシステム

EC-Orange POS公式

もともとはネットショッピング、いわゆるECサイトの構築を行っているEC-Orangeが開発したEC-Orange POS。

ECサイトの視点から開発が行われたことにより、顧客管理機能や在庫管理機能などが充実しており、多店舗経営に強いと評判です。本部と各店舗がリアルタイムでデータを共有することができるので、顧客情報の一元化や、接客の質の向上などが実現できます。

公式ページで詳しく見る

特徴

  • ECサイト向けのソリューションとして知られるEC-OrangeのPOSレジシステムがコレ。業種業態や店舗規模に合わせてシステム構成できる柔軟性が特徴。
  • タブレット型POSで、機能が充実しています。レジでの分割会計や、今後の軽減税率導入時にも対応しやすい税率管理システムなどが注目。
  • 数百店舗を展開する大規模チェーンに必要なオムニチャネルPOSにも対応、200~500店舗でのデータ一元化が可能となるのは大きな強みです。

サポート内容

  • 月額運用費の中で365日年中無休のコールセンターでの電話サポートを受けることができます。

口コミ

分析結果からお客様のニーズに対応できる
メニューごとの売上データをきちんと分析できるようになって、お客様のニーズが見えるようになりました。それを今後の店舗運営に活かせば、競合店との差別化もできるでしょう。

その他のおすすめPOSシステム

はんじょうPOS

飲食店経営経験者の監修による、現場向け・管理部門向け機能とも実践的なシステム。ハンディ端末は選択肢が豊富なAndroid機種が使えます。

NEC

NECプラットフォームズの飲食店向けシステム、フードフロンティア。専用POSを中心に、ハンディ端末やタブレット端末もラインナップされています。

エアレジ

リクルートグループが提供する無料のPOSレジアプリ。クレジットカードや電子マネー決済も利用可能で、飲食店に必要十分な機能があります。

東芝テック

POS製品の老舗メーカーによる飲食店向け製品、エフエスコンパス。日本語/英語/中国語のマルチリンガル対応で、インバウンド対策も充実します。

アルファクスフードシステム

フードビジネスに特化したパソコンPOSを核に、ハンディ端末のオーダーエントリーシステムやAndroid端末のセルフオーダーシステムの組み合わせが可能。

経営管理やマーケティングに使える
飲食店向けPOSシステム導入メリット

カフェ

会計処理と売上管理の役割を担ってきたPOSレジですが、近年は他にもさまざまな機能が追加され、飲食店の会計・経理のほか、売り上げ管理、在庫管理、マーケティングなど、さまざまな用途で役立つ経営ツールとなっています。

そこでPOSシステムの持つ機能についてご説明します。



【1】会計業務の効率化


従来のレジスターでは、商品の金額を手入力で行う必要があり、打ちそこないなどのミスが多々ありました。

こうしたことはお客さんのストレスにもなり、お店にとっても業務に支障を生じることになります。

しかしPOSレジではシンプルな操作で会計処理ができます。

メニューの入れ替えが簡単なものも多く、カード決済も簡潔にできます。こうしたことからスタッフの労力を大きくカットでき、お店を運営していくうえでさまざまなメリットを生み出します。

最近ではタブレット型POSレジが人気ですが、オーダーエントリーシステムを導入すれば、レジ、フロア、厨房の連携がさらに進み、業務の効率も大きく高まります。

テーブルにタブレットを設置し、お客様が自身でメニュー選択するセルフオーダーシステムは人件費の節約にもつながりますし、翻訳機能を付ければ、海外からの旅行者向けなどの新たな顧客層の開拓にもつながります。



【2】経理業務の効率化


従来はお店の営業が終わってからレジ締めの作業に追われていましたが、POSレジだとレジ締めの作業も項目ごとにまとめて打ち出せるので、業務効率が格段に上がります。

支出や経費を項目化し、集計していけば、売り上げと利益の管理も効率的に一括化できます。会計ソフトと連携できるPOSシステムを使用すれば、確定申告書・決算書の作成も簡単になり、年度末や確定申告時期の事務作業を大幅に減らすことができます。



【3】商品管理と在庫管理も効率化


POSシステムなら商品管理や在庫管理も効率的にできます。

データベース化も簡単ですので、売れ筋商品などを数字で把握でき、売り上げ分析にも役立てることができます。

POSレジで在庫管理をすることで無駄な在庫を無くすことができ、コストカットに役立てることができるほか、在庫状況をリアルタイムで確認できるので、営業中の在庫状況をスタッフ全員で共有できるなどのメリットがあります。



【4】マーケティング力の向上


POSシステムでは「いつ、どんな商品が、どの価格で、何個、どんなお客さんに売れたのか」がリアルタイムで知ることができます。こうしたデータを集積していけば、どのような顧客層が、どんなメニューを好んでいるかといったマーケティングの材料にもなります。

顧客ごとの来店頻度やお好みのメニューなどを把握できれば、顧客の誕生日にDMを送るなど、その後の販促活動に役立てることができます。

さらに売り上げ分析レポート作成機能などを活用すれば、月別、週別、曜日別、時間別、顧客別の売り上げ動向が簡単に確認でき、さまざまな視点から本格的なマーケティング戦略に役立てることができます。



【5】レジ担当者のミスや不正防止


POSレジでは商品の金額があらかじめ設定できるので、レジの打ち間違いを軽減できます。

また、新メニューやキャンペーンなども簡単に設定できるので、混雑時でも業務をスムーズに行うことができ、お客様へストレスを与えることも無くなり、アルバイトなどスタッフ教育の時間も大幅にカットすることができます。

POSレジは使用ログが残り、いつ、誰が会計業務を行ったかが明確になりますので、スタッフによる不正防止にも役立ちます。



【6】多店舗展開店本部の業務の効率化


フランチャイズや多店舗展開する会社では、各店舗の売り上げ状況、在庫状況などをリアルタイムで確認する必要が生じます。

POSシステムで全店舗をネットワーク化すれば、店舗ごとの売り上げ状況、出勤状況、在庫状況などのほか、全店舗のそれぞれの総計などもリアルタイムで把握できます。

月別、週別、曜日別、時間別、顧客別の売り上げ状況等を本部でしっかりと確認することは、その時々に応じた的確なメニューを提供することに役に立ち、無駄な在庫も大きく省けます。新メニューの開発や新店舗の開店の際のマーケティングデータなど、多店舗経営のあらゆる面で役立てることができます。



まとめ


ここではPOSシステムの機能の1部分をご説明してきました。

最近はタブレット型のPOSレジが人気で、アプリを使えば簡単に機能が追加できるので、今後も飲食店の経営ツールとしての役割は広がっていくものと思われます。

これからの飲食店の経営の成功のためにPOSレジは必須のアイテムといえるでしょう。

今後POSシステムを導入したいと思っている方は、ご自身のお店を将来どのような店舗にしたいのかをじっくりと検討してみてください。

例えば店舗の規模は今のままで、メニューの充実やリピーターを増やしたい、積極的に姉妹店を増やしていきたいなど、今後の店舗経営の展望を考えながら、どのような機能を持つPOSシステムを導入すべきかを検討されることをおすすめします。

飲食店の規模や業種別おすすめのPOSレジとは

レストラン

POSレジは会計・経理機能はもちろん、売り上げデータの集積・分析やクラウドを利用すれば多店舗のデータ管理の1元化など、さまざまな機能を持ち、経営をサポートするツールとなっています。

そこで、ここでは飲食店の規模や業種別で、どのような機能を持つPOSレジを導入したらよいのかを解説します。



【1】小規模のカフェなどの飲食店


小規模でメニューもスタッフも少数なカフェなどの場合、会計だけで十分とレジスターを設置しているお店も多いと思います。

しかしスタッフが少ない分、忙しい時間にはレジの入力ミスも起こりがちなので、POSレジを活用した業務の効率化はとても重要になります。

また会計処理と売り上げ管理も閉店後に店長が行うケースが多いですが、疲れたな状態で行うのでミスが起こりがちです。

こうしたことからも基本的な性能を持つPOSレジ導入をおすすめします。



【2】フランチャイズや多店舗展開しているレストラン、居酒屋など


各地でフランチャイズや多店舗展開しているレストラン、居酒屋の場合は、一日の来客数も多く、それに合わせてスタッフの数も多くなります。

メニューも豊富で、メニューの改編も頻繁に行われます。特に忙しい時間はお客さんが集中して押し寄せてくるので、POSシステムでの業務効率化はお店の運営、経営の重要な要素となってきます。

こうした店舗はまずはタブレットPOSレジがおすすめです。

フロアとレジ、調理場を繋ぐオーダーエントリーシステムを導入すれば、フロアでの業務が効率化でき、お店の回転率向上にもつながります。若い客層が多い居酒屋店などでは割り勘機能を付ければ、会計時のスピードアップにつながるのでおすすめ。

テーブルに設置されたセルフオーダー端末を操作し、お客さん自身で直接注文ができるセルフオーダーシステムは人件費が節約でき、海外からの観光客向けに翻訳機能を付ければ、他のお店との区別化にもつながります。

本部機能に関しては各店舗の売り上げをクラウド上で管理し、各店舗の売上や在庫状況、人気メニューなどがリアルタイムに把握していけば、的確な経営管理が可能で、新メニュー開発などのマーケティングにも活用できます。



【3】フロアが広い大型のレストランなど


フロアの広い大型のレストランなどはメニューが豊富で、季節ごとのメニューの改編も頻繁にあります。

また、忙しい時間帯にはお客さんが一気に来客されるので、POSシステムで業務の効率化を図りたいところです。

タブレットPOSレジでのテーブル会計がおすすめで、またオーダーエントリーシステムを導入すれば業務がミスなくスピードアップできます。

人気メニューの開発や仕入れのコストカットは店舗経営の重要な要素になりますが、POSシステムで売れ筋商品の把握、在庫状況の確認がリアルタイムにできるので、POSシステムを経営管理・マーケティングツールとして活用することをおすすめします。



【4】ショッピングモールなどにあるフードコート


ショッピングモールなどにあるフードコートは休日には多くのお客さんが集中し、テナント間の競争も激しく、POSレジで業務の効率化をはかりたいところです。

レジ前会計をスムーズに行えるタブレット型のPOSレジがおすすめ。

オーダーエントリーシステムを導入し業務のミスのないスピードアップは他店との競争という意味でも必須といえます。

テナント別や全店合計の売上げデータが集計できるPOSシステム導入も経営管理と今後のマーケティングのためにも必須といえます。



【5】ファストフードやテイクアウトがあるお店


商品と代金を引き換えるレジでの前会計が多く、メニューも多く、メニューの変更が多いのが特徴です。

こうした店舗ではレジ前での会計をスムーズに行えるタブレットPOSレジがおすすめで、オーダーエントリーシステムも導入すれば、スピーディーでミスなく業務を行うことができます。

またフランチャイズや多店舗型はそれぞれの店舗の売り上げをクラウド上で管理し、各店舗の売上や在庫状況、人気メニューなどがリアルタイムに把握できるPOSシステムが必須です。



まとめ


POSレジはただ会計に役立つだけではなく、お店の経営全般をサポートするツールです。

POSレジを導入していなければ、売れ筋メニューの把握も感覚的なものになり、客観的な視点で顧客ニーズを把握することはできません。

お店が評判になり、お客さんやメニューの、スタッフの数が増えるにつれ、どのような機能を持つPOSレジを使うかが、今後の店舗経営で重要な要素になってきます。

現在使用しているPOSレジの機能が不足し、会計業務に支障が生じている場合は速やかに新たなPOSレジを導入することをおすすめします。

その際、これからの営業展開を考えながら、どのような機能がご自身のお店に必要になるかをしっかりと検討したうえでPOSレジを選択してください。

またこれから新規で飲食店を開店される方も、今後数年間でどのような店舗展開をしたいかを考えたうえでPOSレジを導入することをおすすめします。

必要な機能をひと目で比較!業種別POSレジ一覧
  • 飲食店向け
  • 美容室・理容室向け
  • 小売店向け
PAGE TOP